EMSとはなにか?
EMSとは Electric Muscle Stimulation という意味で筋肉に電気的な他動運動をさせることにより筋を訓練し強化する方法を言います。
人間の身体の細胞1つ1つは微弱電気を発生しており(生体電気)、生命現象の維持、継続に不可欠な働きをしています。この生体電気は、筋肉や筋肉を支配する運動神経を電気(電流)で刺激すると、その筋肉は収縮するという現象を起こします。
人間が手足を曲げたり伸ばしたり、心臓や胃腸などの内蔵の動きは、全て人体の電気作用によって行われます。
そのことを利用して筋を訓練し強化する方法がEMS( Electric Muscle Stimulation)であり、理論上極めて高い効果が得られるとされています。


EMSの4つの効果
1.
鎮痛効果
独自の波形がダイレクトに神経に作用し高い鎮痛効果を生み出します。

2.深部透過性
波形に含まれる高周波成分が皮膚に対する電機抵抗を抑え、高い深部透過性を実現します。

3.筋収縮作用
「筋肉トレーニングモード」による、痛みの無いダイナミックな筋収縮運動が可能です。

4.代謝促進効果
低周波刺激と高いマッサージ効果によって血管を拡張し、血流の循環を促します。


EMSの各分野での使用状況

《医療シーンでの使用状況》
・疼痛緩解
 急性・慢性の関節痛、神経痛、などの痛みの治療
・運動不足が原因でおこる様々な疾患の予防と治療
 変形性膝関節症、腰痛、四十肩、五十肩など
・運動療法の補助
 術後のリハビリ、麻痺患者のリハビリなど

《スポーツ分野での使用状況》
・ウオーミングアップ
・トレーニングの困難な深層筋の強化
・コンディショニング
・スポーツ障害の治療・リハビリ補助

《美容分野での使用状況》
・腹筋の強化によるウェストの引き締め
・有酸素運動に変わるエクササイズとして


従来製品との比較 〜低周波治療器・他社EMSとの比較〜
最近流行のEMS製品は、電気刺激の殆どが皮膚の下数ミリ(4〜5mm)しか刺激できず、使用してみると表面が「ピクピク」と振るえる様な感覚で、肝心の筋肉が十分に運動できてないのがわかります。さらに深く刺激させようとレベルを上げると皮膚に強い痛みが生じてしまいます。その点プロテクノEMSの波形は、その80〜90%が低周波域よりさらに深い組織の細胞にまで直接働きかけます。そのため、感覚が非常にソフトでありながら、十分に筋肉を動かすことが可能です。プロテクトEMSは医療機器として認可を得ており、医療・スポーツ界でも絶大な信頼を得ています。

◎各種電気刺激機器との比較
他社の低周波治療器
中周波治療器
(主に医療用)
プロテクノEMS
皮膚


筋肉
低周波は表面(2mmほど)しか刺激がないためシビレ感が強調される。 体内の2〜5cmまで刺激が浸透されるが、低周波同様波形が短調。 いろんな波形がある。(同じ波形は一つもない。)最大15cmと深く浸透する。




一般的な低周波治療器
プロテクノEMS
周波数(帯)

0〜2000MHz位まで
約0.5〜1000万kHz位まで内約として、低周波成分が10〜20%。そのほかの80%が中・高周波成分である。(中・高周波成分を多量に含んだ低周波治療器
波形出力方法
大体は、一定の周波数/一定間隔の連続出力(パルス波)。治療に対して慣れが生じてしまうと言われる。
上記、周波数範囲内で、複雑に周波数・電圧・電流を変化させた波の集合波である。(トリニティウェーブ)
波形
正弦波が多い
プロテクノEMSの波形
通電感覚
皮膚表面がピリピリする刺激感覚で特に出力を上げると痛くなる
非常にソフトで心地よい(気持よい)。また、出力を上げても迫力が増した感じで痛くはない。
治療効果
持続時間
治療後、治療しているような感覚が残らない器械が多い。
治療後、まだ導子をあてて治療している刺激感が数時間続く。(患者によって2時間以上)
効果
効能
特に炎症など、急性、慢性の痛みに非常に効果が大きい。(上記出力法による患部の慣れが非常に少なく麻酔的効果が大の為)


EMSによる運動の強度と内容
EMSによる運動の強度は電流の出力レベルにより設定されます。電流レベルの1目盛りは6ミリアンペアで、最大80ミリアンペアです。
低強度運動(レベル1-3)・中等度運動(レベル4-7)・高強度(レベル8-12)運動に分けることができます。各運動時の状態と主なエネルギーは以下の通りです。

低強度運動時(レベル1-3)1ミリA-18ミリA〈5分-10分〉
主として遊離脂肪酸をエネルギーとする。運動初期の5〜10分以内では筋グリコーゲン酸が消費され、次に血中グルコースが主要エネルギーになります。脂肪組織中の中性脂肪の分解による遊離脂肪酸が利用されるのは開始後2〜30分程たってからとなります。

中等度運動時(レベル4-7)19ミリA-42ミリA〈10分-20分〉
通常、血糖値は次第に減少し血中遊離脂肪酸は顕著に上昇、乳酸値はほとんど変わらない傾向があります。解糖系とTCAサイクルが適度に機能するこの状態は体脂肪の燃焼と筋力強化が同時に進行します。一般的に最もバランスの良い状態といえます。

高強度運動時(レベル8-12)43ミリA-80ミリA〈30分-60分〉
一般的にVO2max55%以上の運動を1時間以上続けると、血糖値は不変か上昇し、乳酸値は上昇します。ピルビン酸が乳酸を生成する速度が除去する速度より速いため、通常ならば乳酸の蓄積による疲労が起こる。しかし、EMS使用時では、毛細血管の拡張による代謝の促進が促されるので乳酸がたまりにくい傾向があります。さらに筋活動中のO2の供給量が通常より多くなり、乳酸が、H2OとCO2に分解されやすくなります。加えて肝臓でのグリコーゲンへの合成も促進されるのです。
次へ