1. 安静
    安静は重要です。下痢が激しいときは安静、臥床とします。下痢が長びくときには、激しい運動や仕事、とくにストレスの原因になるようなことは避け、精神的に安静を保つことが必要です。

  2. 保温
    体を冷やさないように気を付けましょう。

  3. たべもの・のみもの
    下痢が非常に激しい場合には1〜2日間絶食しましょう。
    • 下痢のときのたべもの、のみものは下記を参考にしてください。
    • 下痢のときには体の中の水分が欠乏しやすいので、あたたかい番茶、うすい紅茶、湯ざまし、スポーツ飲料などを十分とりましょう。
  4. くすり
    • 渡された薬は医師の指示どおりにのみましょう。
    • ほかの薬をのんでいるときは、そのことを医師にお申し出下さい。
  5. その他
    下痢の中にはヒトにうつる病気もありますので、排便のあとは、よく手を洗いましょう。



  1. 冷たいのみもの、たべもの

  2. 脂肪の多いもの
    天ぷら・トンカツなどの揚げ物料理、中華料理、脂肪の多い肉 、脂ののった魚、うなぎなど

  3. 繊維の多いもの
    繊維の多い野菜(たけのこ、ごぼう、とうもろこし、切干大根 など)、生の野菜、豆類、そば、さつま芋、海藻、こんにゃく

  4. 消化しにくいもの
    貝類、いか、たこ、赤飯、ラーメン、漬物(うめぼしを除く)

  5. 発酵しやすいもの.
    砂糖が多くふくまれているもの、くり、さつま芋、生の果物 (りんごは良い)、豆類

  6. 刺激の強いもの
    香辛料、炭酸飲料、アルコール、コーヒ

    ◎その他
    牛乳は温め、ゆっくりのむこと、ただし、ふだん牛乳で下痢し やすい人はのまないこと。


    ■ 下痢が激しいとき
    湯ざまし、番茶などを十分とるとともに、重湯、くず湯、うす味のみそ汁、野菜スープ、酸味の少ない果汁などの流動食へとすすめる(牛乳は下痢しやすいので注意する)。さらに順次、粥食へと移行してゆく。

    ■ 下痢が回復してきたとき・長びくとき

    1. 粥、やわらかい米飯、パン、うどん
    2. 脂肪の少ない肉(ささみ、皮なしとり肉、豚ひれ、牛ももなどを小さく切って用いるか、またはひき肉を使うとよい)、脂肪の少ない魚(かれい、ひらめ、おひょう、たら、たい、さわらなど)、卵類(半熟卵、茶わんむし、卵豆腐、オムレツなど)、豆腐類、納豆
    3. ヨーグルト、チーズ
    4. やわらかく煮た野菜(大根、かぶ、人参、ほうれん草の葉先)、じゃがいも

    下痢が回復してきたときや長びくときは、体力の消耗を防ぐために良質のたんぱく質を十分とり、ビタミン、無機質も不足しないように注意しましょう。


    前へ
    次へ

    医療法人 敬節会 西中島クリニック
    〒532-0011 大阪府大阪市淀川区西中島3-2-11
    TEL:06(6301)5706 / FAX:06(6304)0117
    info@nishinakajimaclinic.com
    当サイトへのリンクまたは技術的なことに関するお問い合わせはこちらまでwebmaster@nishinakajimaclinic.com
    Copyright Medical Corporation Keisetsukai Nishinakajima Clinic. All Rights Reserved